頭皮シャンプーの効果|薄毛にピッタリなものを見極めましょう

ダメージを防ぐことが大切

コテを使う女性

ヘアアイロンは髪を真っ直ぐストレートに伸ばしたり、カールをつけたりすることができるアイテムです。しかし、ヘアアイロンを使うことによって髪のタンパク質が変化したり、髪の中の水分が水蒸気爆発を起こしたりするので、髪が傷んでしまう原因にもなります。髪が傷まないヘアアイロンの使い方にはいくつかのポイントがあります。一番大切なのが温度の調節です。低温であればあるほど髪へのダメージは少ないですが、しっかりと髪が伸びないと何度でも熱を当ててしまい、余計にダメージが多くなってしまいます。大体180度から200度くらいの高温で、なるべく1回で仕上げることが大切です。また、濡れた髪にヘアアイロンを当ててしまうことは禁物です。きちんと髪を乾かしてからセットすることが、ダメージを少なくする方法の1つです。

折角ヘアアイロンで髪をセットしても、崩れてしまっては勿体無いです。ヘアアイロンをする際にちょっとした工夫を加えるだけで、雨が振っても、時間が経っても、セットした髪が長持ちしやすくなります。その方法とは、ヘアスプレーを使用してからヘアアイロンをかけるという方法です。ヘアアイロンをする前に、ヘアスプレーを少量髪に馴染ませ、しっかりと水気がなくなるまでドライヤーで乾かします。このひと手間を加えるだけで、何もつけずにセットするよりもカールやストレートが長持ちします。ヘアスプレーには髪の毛のセットを持続させるだけではなく、髪をさらさらにしてくれる効果や、ヘアアイロンの熱ダメージから髪を守ってくれる効果もあります。