頭皮シャンプーの効果|薄毛にピッタリなものを見極めましょう

加齢による髪への悩み

ヘアケア用品

生薬由来となる成分が配合されているシャンプーは、頭皮ケアだけではなく、毛髪にまでしっかり働きかけてくれるため、毛髪と頭皮を健やかに保つことができ、艶やボリュームなどが出る育毛効果までが期待できる内容で、加齢による髪の悩みに支持されています。

More Detail

髪のケア方法

洗髪

髪を素の状態に戻し、スタイリングしやすい状態に導く、ノンシリコンシャンプーが人気です。シリコンは、髪の指どおりを良くしたり、艶を出したりする働きがありますが、蓄積されると髪が重い感じになることがあるため、口コミサイトでは多くのノンシリコンシャンプーがおすすめされています。

More Detail

効果や使い方

たくさんのシャンプー

髪の毛をきれいにするためには、頭皮をしっかりとケアすることが大切です。頭皮に良い成分を含んだシャンプーは頭皮シャンプー、またはスカルプシャンプーと言われています。一般的に使われているシャンプーは、頭皮を洗うというよりは、髪の毛をきれいにするという目的で使われています。このようなシャンプーは洗浄力が非常に高いので、髪の毛についた汚れには効果的ですが、頭皮の必要な皮脂まで落としてしまいます。しかし頭皮シャンプーは、頭皮の皮脂を落としすぎず、適度に皮脂を保つ効果があるので、頭皮の乾燥や肌荒れを防ぐことができます。頭皮シャンプーを使うことによって頭皮が健康な状態になり、血行も良くなるので、はげや薄毛の対策にも効果があります。

頭皮シャンプーは、頭皮の健康を保つために効果的ですが、その使い方を工夫することによってさらに高い効果が期待できます。まずシャンプーをする前に、髪をブラッシングをして髪のからみやほこりを十分にとっておくことが大切です。ブラッシングをすることによって頭皮の血行も良くなります。濡れた髪をブラッシングしてしまうと傷みの原因にもなってしまうので、必ず乾いた状態ですることが重要なポイントです。ブラッシングをした後、頭皮シャンプーで頭皮をしっかりと洗うのですが、このとき、頭皮をマッサージするとさらに効果的です。爪は立てず、指の腹を使ってリズミカルに頭皮全体をマッサージするようにしましょう。最後に、濡れた髪の毛をしっかりとドライヤーで乾かします。濡れた状態は髪の傷みにもなってしまい、頭皮にとっても良くありません。10センチほど離れたところからドライヤーをかけるようにしましょう。

ダメージを防ぐことが大切

コテを使う女性

ヘアアイロンを使うときは、髪を傷めないように温度を調節したり、事前に髪を乾かしておくことが大切です。また、セットした髪を長持ちさせるためには、ヘアスプレーを使うことをおすすめします。ヘアスプレーにはヘアアイロンからの熱ダメージを防ぐ効果もあります。

More Detail